手作りtime フランス製ジャム ボンヌママンで作る簡単マフィン

 

新型コロナウイルスの感染拡大により2020年3月18日からはじまったロックダウン。

活動制限令(MCO)は延長をくりかえし段階的緩和もはじまっていますがこの生活はもうしばらく続きそう…というわけで、今回はペナンのスーパーで買えるおいしいジャムを使って簡単に作れるマフィンを作りました。ジャムはフランスの定番Bonne Maman (ボンヌママン)。自分メモ代わりに掲載しますので皆さんも作ってみてくださいね。

マフィン

材料(マフィン型6個分 5cm)

  • 無塩バター 80g
  • 砂糖 60g
  • 卵 1個
  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 5g
  • バニラエッセンス 適量
  • ジャム 大1
  • メモ

ジャムはベリー系がおすすめ!
今回使ったのはBonne Maman(ボンヌママン)のforest berriesです。

  • メモ

薄力粉 100gは1カップより少し少ないぐらい。(薄力粉1カップは約110g)
砂糖60gは砂糖大さじ1が9gなので×7で約63g。材料の分量は60gなので小さじ1減らす感じで。
ベーキングパウダーは小さじ1が4gなので気持ち多めで、分量5gに調整すればOKです。

recipe 作り方

マフィン レシピ

①バターと砂糖を混ぜる

バターを常温に戻し、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜる。バターが白っぽくなったら砂糖を加えて更によく混ぜる。

マフィン レシピ

②卵を加えて混ぜる

バターと砂糖が混ざったら、溶き卵を3回に分けて加えよく混ぜる。

マフィン レシピ

③薄力粉をふるいにかける

薄力粉とベーキングパウダーをふるいにかけて入れよく混ぜる。

マフィン レシピ

④バニラエッセンスを加える

生地が馴染んだらバニラエッセンスを数滴加える。

マフィン レシピ

⑤ジャムを入れて混ぜる

ブルーベリージャムを加えて軽く混ぜる。

マフィン レシピ

⑥軽く混ぜる

混ぜすぎると模様が綺麗にでないので1、2回円を描くぐらいで。

マフィン レシピ
マフィン レシピ

⑦型に生地をいれる

型に生地を入れる時は7~8分目まで。ブルーベリーマフィン4個(左2列)とプレーンマフィン2個(右列)作りました。

マフィン レシピ

⑧オーブンで焼く

180℃に予熱したオーブンに入れ20分-25分焼いたら完成。
表面が焦げるときはアルミホイルを上に被せて。
竹串を刺して生地がつかなければOKです。

焼きあがるとマフィン型からちょうど顔がみえるぐらいにふっくら焼けました。

お皿に盛って完成 bon appétit!

マフィン

味の決め手はやっぱりジャム!

Bonne Mamanは同シリーズでさまざまな味のジャムがありますが、マフィンには今回使ったフォレストベリーorブルーベリーなどのベリー系ジャムがおすすめです。ジャムはペナンのスーパー(Cold Storage)で買うことができます。私は杏子ジャムも好き!

いかがでしたか?
今日はフランス人が大好きなBonne Mamanのジャムを使って作れる簡単マフィンを紹介しました。お子さんでも簡単に作れるのでお母さんと一緒に作ってみてくださいね。

マフィン レシピ
  • メモ

バターは事前にカット方法に工夫すれば量りいらずで準備できて便利。200g入りのバターなら16等分にカットして。200gのバターを16等分すると1個が12.5g。バター12.5gは大さじ1とほぼ同量なの!そこから必要な分量の数を用意すれば量りなしで簡単に準備できるよ。

マフィン レシピ
  • メモ

25cm幅のクッキングシートを25cmでカットし、4等分すればこちらの6個型のマフィンプレートにぴったりサイズになります。

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録するとブログ更新のお知らせがメールで届きます

1人の購読者に加わりましょう

フランス旅 blog