パリの思い出 マレの夜

先月訪れたフランスでのこと…
写真はパリの中でも歴史的な街並みが残るマレ旧市街、地下鉄METROセント・ポール駅周辺。

⫯ Le Marais, Paris FRANCE  2018.12
パリ マレ

一面石畳が敷き詰められた道路に優しい灯りが燈る幻想的な夜。オレンジ色の街灯とライトアップされた教会を頼りに駅へ向かっていた時のことです。

チンチンチン…とベルを鳴らしながら道路の中央をバスが走ってきました。どこか懐かしいその音はタイムスリップの入り口…過去と現代が交差します。

チンチンチン…とベルを鳴らすのは馬車をひく馭者。大きな帽子のドレス姿の貴婦人とシルクハットの紳士が歩く100年前の景色が浮かんできました。

パリの街を歩いていると過去の歴史がすぐ側にあるのを感じます。

私が生きている現代もあっという間に過去になり今は未来に繋がっている。100年前の人達と今見えている景色は違ってもその先に見ようとしている姿は同じなのかも…そんなことを感じました。

パリの夜は幻想的でイマジネーションが止まりません。
目の前で見た景色と心の中で見た想像の景色、過去と現代が交差するパリの夜の思い出。