フランス土産 – フルール・ド・セルの塩

フルールドセル 塩

先日のフランス旅行で食べて以来お気に入りのフルール・ド・セルのお塩。中でもこれはカマルグ産のものでフランスでも知られる有名なお塩です。

自分用のお土産に買って帰りました。日本でも買えるけど一つ¥1000円ぐらいしちゃうのでちょっと高級なお塩。

お高めなだけあってこれひとふりするだけで本当に美味しくなります。サラダなんてコレとエキストラオリーブオイルさえあれば他の調味料は必要ないと思います。本当にいいものは何も足さなくていい、ジュエリーと同じですね。

チキンソテーで食べました。やっぱり美味しい❤

 

でも、なんだかフランスで食べたあの味とは少し違う気が…。
なんでだろうと考えた結果、やはり食材そのものの質が違うのだと思います。フランスではアパルトマンを借りてマルシェで食材を買ってお料理もしていました。

食材は、マレーシアよりは予想通りすべてが高かったですが、フランスは農業国家で手に入る食材のほとんどはフランス産で地産地消。お肉一枚、じゃがいも一個もマレーシアより高いかったです。高いけどマレーシアで食べる野菜より素材の味が格段に美味しかったのを覚えています。

外食もフランスは日本と比べると高いですしマレーシアから比べてしまえば更に割高に感じてしまいます。
でもそれを納得させるぐらい美味しい料理がレストランでは提供されるから大満足!納得してお金を払えます。というか美味しいものをありがとう…って感謝の気持ちを形として払いたくなるんです。

チキンソテー一品作るにしても油とか塩とか…更には鳥の育て方にまでこだわってエサも細かく試行錯誤して育ててるんだろうなぁと思います。手をかけ時間をかけて作り出すものの値段が高くなるのは当然です。こだわった食材を使って作った料理を腕のあるシェフに作ってもらうのだからお値段が高くなるのは当然、これはジュエリーでも同じことが言えます。

高いものには理由がある。

素材にこだわりいいモノを厳選して使う。そしてそれを熟練したプロが作るのだから同じ食材を同じレシピで作ったとしても玄人と素人では完成度は違います。

お金を払うとは、敬意を払うこと。

その料理に関わる全ての人、自然の恵への感謝と敬意を払って…ご馳走様でした。